FC2ブログ

ハニーびーミニバス&クールびーミニバス

奈良県生駒市北部のミニバスです。女子がハニーびー、男子がクールびーです。懸命にコートを跳びまわります。

--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-28-Mon-17:09

【 ミニバストピックス 】 試合中に波を取り戻す方法

2004年~2005年はほとんど勝てなかった。
どうしたら勝てるんだろうか
負け癖だろうかと考えて
宝くじを当てるがごとく勝てる相手を探したりもしていた。

2006年前半 なんだか勝てるようになってきた
なぜ勝てるのか混沌としていてわからないけれど
以前は勝てなかったチームに勢いで勝ったりした。

2006年8月 勝てる試合とそうでない試合とがはっきりと分かれてきた
勝てるときは勝てるーあぶなげなく勝つ
勝てないときは勝てないー善戦も接戦もない

波に乗ると勝てるし、波が乱れると沈没する

相手が波を持たないチームだとこっちの波で防御できるし攻撃できるので
大勝になりやすい

相手が波を乱されやすいチームだとこっちの波がそこそこあるので
勝てることになる

2006年前半に勢いで勝ったり接戦したりしたのは、
こっちの波が混沌とした波なので、相手がよくわからないままに乱されていて
こっちの波で試合を作れたからだろう

強豪チームを見ていると、
波が乱れても復元する力がある
どんなに調子が悪くとも、キーマンが防御でがんばり波を戻す
攻撃でも相手のミスから出た1回のチャンスを逃さずきっちり決めて波を引き寄せる
波を戻そうとする努力が最後まで接戦を作りだす

うちの場合には、そこまで行っていないのだろうかな
自分の波が乱れると、戻そうとするが、焦って失敗を繰り返し、自滅する


波を取り戻す方法ってあるんだろうか?
と思っていたら
泉尾東ミニバスの芝監督さんの日記
にこんなことが書いてあった。

「女子と何が違うかというのは、相手に流れかけた雰囲気を取り戻すということが、
男子は自分らで出来ることである
これは“経験”なんやろねえ
大抵そんな場合はDF専門の約2名が死に物狂いでターンノーバーをして盛り上がるきっかけになることが多い
前線でチビたちががんばってたら自ずと他のメンバーも奮起するという方程式が出来ている」

これをどうやったら学べるんだろうかな?
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。